【要注意】ハクビシン駆除を放置すると想像以上の被害を受けてしまう

わずかな隙間を狙って害獣は侵入する~ハクビシン駆除と対策~ わずかな隙間を狙って害獣は侵入する~ハクビシン駆除と対策~

ハクビシンに侵入されるとこんな被害が・・・

ハクビシンが室内に侵入して住み家を作った場合、どのような被害が予想されるのでしょうか?予想される被害の例をいくつかあげてみました。

ハクビシンに侵入されるとどんな被害が起こるのか

騒音
ハクビシンは夜行性の動物です。人間が寝静また夜中から、天井裏や壁から物音を立てて行動を始めます。ほんのわずかな物音だと放置していると、たちまち睡眠不足に陥ってしまうでしょう。実際、ハクビシンの被害では騒音問題が多々取り上げられています。
家屋破壊
ハクビシンは、特定の場所で排泄を行ないます。糞尿によるシミが徐々に広がり、その重さで破損をまねくこともあります。大量に溜まった排泄物が、天井裏から落ちてくるなんて、考えただけでも非常に不快な被害状況だと言えます。
健康被害
野生動物の多くは、ノミやダニなど寄生虫や雑菌にまみれています。ハクビシンも同様に様々な雑菌にまみれているので、室内に侵入されると人間へ被害を与えかねません。抵抗力の低い幼いお子さんや高齢者がいるご家庭は特に注意が必要になってきます。
ペット被害
ハクビシンは雑食性です。ニワトリや鯉、金魚や亀などは彼らの餌となってしまします。野外で飼育していたペットが、ハクビシンに襲われたケースは多々あります。また、家畜への被害が及んでしまうと、大きな損失を受けることになってしまうでしょう。

感染症の媒介になるケースもある

過去にはSARS発生時に媒介者として、その存在があげられていました。しかし、ハクビシンが媒介して起こる感染症は、今のところ明らかにはなっていません。このことから過度な心配は必要ないのですが、寄生虫や雑菌にまみれていることは明らかです。うかつに接触をして、健康被害を受けてしまわないように注意しましょう。

TOPボタン