どうすればハクビシン駆除が行なえる?【侵入を防ぐ施工方法】

わずかな隙間を狙って害獣は侵入する~ハクビシン駆除と対策~ わずかな隙間を狙って害獣は侵入する~ハクビシン駆除と対策~

ハクビシン駆除業者の侵入防止施工

わずかな隙間を見つけて室内に侵入するハクビシンを、どのように駆除すべきなのでしょうか?ここでは、ハクビシン駆除を行なった方々の事例を参考に、施工方法や費用について考えていきたいと思います。

ハクビシン駆除業者の施工事例

屋根の隙間を塞ぎました(30代/男性 ハクビシン駆除業者)

ハクビシン駆除の依頼があり、現場の調査を行なったところ屋根の隙間が侵入経路だと判明しました。隙間の大きさはわずか7cm、しかしハクビシンが侵入するには十分な大きさです。侵入を防ぐためにトタンで隙間を塞ぎ補強を行ないました。

床下の侵入口を封鎖しました(40代/男性 ハクビシン駆除業者)

新しく増築した部分から物音がすると依頼主からの相談を受けました。調査した結果、ハクビシンが侵入した形跡を発見。姿は見えなかったため、清掃や消毒、消臭を行ない金網で補強して侵入経路を塞ぎました。これで再びハクビシンが侵入してくることはありません!

侵入防止の施工にかかる費用

電卓

屋根付近がハクビシンの侵入経路となっている場合、閉鎖作業1箇所あたり3,000円~5,000円程の費用が発生します。隙間や穴の大きさによって、1箇所あたり施工費用が変わってきます。床下付近が侵入経路の場合も、同等の費用で施工が行なわれます。高所での作業や仕掛け装置の設置など、作業ごとに費用が発生する場合もあります。業者によって駆除費用は異なるので、あくまでも目安として考えて下さい。駆除前に見積もりを出せば、いくら必要になるのか明確になります。

ハクビシン駆除にいくら必要なのか気になる方もいるでしょう。しかし、調査や見積もりを無料で行なってくれる専門業者も多く存在します。また、事前の問い合わせにも気軽に応じてくれるので、相談することから始めてみて下さい。害獣被害を根本から解決したい時は、専門業者の助けを借りて解決を目指しましょう。

TOPボタン